AWSのEC2で行うAmazon Linuxの初期設定

AWSのEC2で行うAmazon Linuxの最低限の初期設定をまとめてみました。まだすべき設定が残っているとは思いますので、こちらを更新していければと思っています。

 

開発環境

  • Mac OS X(El Capitan) 10.11.6
  • Amazon Linux AMI 2017.09.1 (HVM), SSD Volume Type – ami-33c25b55

事前に用意しておく必要があるもの

  • 接続先EC2のパブリックDNS
  • デフォルトユーザ(Amazon Linuxの場合デフォルトはec2-user)
  • EC2からダウンロードした秘密鍵(デフォルトは****.pem)

参考

 

AWSのEC2にSSH接続

秘密鍵の配置設定

以下のコマンドを実行してEC2からダウンロードした秘密鍵を【.ssh】ディレクトリに配置し、管理しやすくします。

 秘密鍵の権限設定

SSHを機能させるためには秘密鍵が公開されていないことが必要ですので、以下のコマンドを実行てし権限の設定をします。

 SSH接続

以下のコマンドを実行してAWSのEC2にSSH接続します。

ログイン完了

以下が表示がされたらログイン完了です。

 

Amazon-linuxの初期設定

パッケージの更新

以下のコマンドを実行してAmazon-linuxのパッケージを更新します。

パッケージの自動更新設定

以下のコマンドを実行してyum-cronをインストールし、パッケージの自動更新を設定します。

タイムゾーンの変更

以下のコマンドを実行してインスタンスのローカルタイムとハードウェアクロックを変更します。

文字コードを日本語に変更

以下のコマンドを実行して文字コードを日本語対応に変更します。

不要なサービスの停止

以下のコマンドを実行してGUIで不要なサービスの停止することができます。

 

ユーザーアカウント追加

ユーザーアカウント追加

以下のコマンドを実行して新規ユーザーアカウントを追加します。今回は【newuser】として作成します。

sudo権限の変更

以下のコマンドを実行してsudoersファイルを安全に編集します。

作成したnewuserグループをsudoコマンドがパスワード無しで実行できるように追記します。

ユーザーアカウント切り替え

以下のコマンドを実行してnewuserへ切り替えます。

公開鍵認証設定

公開鍵認証用ファイルの作成

以下のコマンドを実行して公開鍵認証用のディレクトリとファイルを作成します。

キーペアのパブリックキーをコピー

以下のコマンドを実行してパブリックキーをコンピュータから取得します。

表示されたインスタンスのパブリックキー(※以下は例)の末尾の【キーペア名】を除いてコピーします。

取得したキーペアのパブリックキーをペースト

以下のコマンドを実行して、コピーしたキーペアのパブリックキーを【authorized_keys】にペーストします。

 

デフォルトユーザ(ec2-user)を削除する場合

追加したユーザーアカウントでAWSのEC2にSSH再接続

以下のコマンドを実行してAWSのEC2にSSH再接続します。

ログイン完了

以下が表示がされたらログイン完了です。

デフォルトユーザーの削除

以下のコマンドを実行してデフォルトユーザ(ec2-user)とそのホームディレクトリを削除します。

コメントを残す