第2回『起業家から学ぶ』

目的

  1. 海外に進出した起業家からの話を聞くことで、起業に至った理由や意志、海外進出のためのステップや課題を学ぶことで、今後実際に海外展開を検討・ 実施していく際に自分のビジネスに応用していくことを目指す。
  2. スタートアップ都市福岡で起業する意味や今後の展開や展望などを理解する。

今回の内容

今日は有給を取って『Global Challenge! Startup Team Fukuoka』の2回目に参加してきました。このプログラムで何らかの成果が出せたら、会社としてもメリットはあるんじゃないかと思うだけど、まぁ個人的に参加しているので仕方ない。そういう訳で俺は、業務時間外なので会社の名刺交換はしていないし、する気もないと考えている。

先ず最初に、橋本 正徳さん(株式会社ヌーラボ CEO)による「起業する意味と今後の展開」のトークセッションがあって、次に中村 俊介さん(株式会社 しくみデザイン CEO)、橋本 司さん(株式会社 スカイディスク CEO)、桑原 広充さん(ドレミング株式会社 CEO)の4人で「起業に至った経緯や体験談」について話してもらった。

4人ともすごい方だし、話もためになったんだけど、特に俺は、桑原 広充さん(ドレミング株式会社 CEO)と中村 俊介さん(株式会社 しくみデザイン CEO)の話の内容が好きだった。桑原 広充さんが今の事業に至るまでの経緯とやっていることは心にぐっときたし、中村 俊介さん(株式会社 しくみデザイン CEO)の感覚は、とても親近感を感じさせるものだった。

考察

「自分の目で見て、肌で感じて考えた上で、一般人の俺が必要だと思うものは、絶対に他の人も必要だと思うはず。」とりあえずそういう気持ちでやっていこう。

企業は準備をすればするほど、絶対悩んで迷って躊躇するから、逆に準備しない方がいい。

コメントを残す

Scroll to top