no-image

Linuxの【less】コマンドでファイル内容を閲覧する

Linuxのファイル内容を閲覧する【less】コマンドについてまとめていきます。

今までファイル内容を閲覧するためだけに【vi】や【cat】コマンド使っていましたが誤って編集してしまう可能性もあるし、エラーログを見るにしても【less + F】で【tail -f】と同じことができ【tail】コマンドで確認するよりも便利そうでしたので、しばらく【less】コマンドを使っていこうと思います。

使い方

オプション

[table id=1 /]

ファイル閲覧中に使えるコマンド

[table id=2 /]