Linuxの【less】コマンドでファイル内容を閲覧する

Linuxのファイル内容を閲覧する【less】コマンドについてまとめていきます。

今までファイル内容を閲覧するためだけに【vi】や【cat】コマンド使っていましたが誤って編集してしまう可能性もあるし、エラーログを見るにしても【less + F】で【tail -f】と同じことができ【tail】コマンドで確認するよりも便利そうでしたので、しばらく【less】コマンドを使っていこうと思います。

使い方

オプション

オプション操作
--helpヘルプを表示
-N行番号を表示

ファイル閲覧中に使えるコマンド

キー操作
上下左右上下左右に移動
gファイルの先頭に移動
Gファイルの末尾に移動
/検索ワードファイル内の文字列検索
n前の検索一致に移動
N次の検索一致に移動
shift + f更新監視モードを実行
ctrl + c更新監視モードを終了
vLinux標準テキストエディタを起動
q終了

コメントを残す