DockerとLaradockでDrupalの開発環境を構築する

Laradock準備まで記事はこちらになります。

それでは前回までに作成した【laradock_workspace_1】コンテナにComposerを利用してDrupalをインストールしていきます。

 

本記事の目的

 

Drupalを【laradock_workspace_1】コンテナにインストール

Drupalを【laradock_workspace_1】コンテナにインストール

Drupalを【laradock_workspace_1】コンテナにインストールするため、Composerの【Create-Project】コマンドを実行し、プロジェクトを作成します。workspaceコンテナには予め【composer】がインストールされています。【mydrupal】はプロジェクト名(ディレクトリ名)になります。

プロジェクトの確認

以下のコマンドを実行し、【mydrupal】プロジェクトが作成されたことを【ls】コマンドで確認しコンテナから出ます。

 

Webサーバー(nginx)の【document root】変更

nginxの【document root】変更

ファイルパス:/laradock/nginx/sites/default.conf

今回使用するWebサーバー(nginx)の上記【default.conf】ファイルの【document root】をDrupalに合わせるため、以下の様に変更します。

【laradock_nginx_1】コンテナ再起動

【document root】変更を反省させるため、以下のコマンドを実行します。

 

Drupalインストールページブラウザ確認

Drupalインストールページブラウザ確認

http://localhostにブラウザアクセスしてDrupalインストールページが表示されるか確認します。

 

要件レビュー対応

見つかった警告

 

OPcache PHP 拡張を【laradock_php-fpm_1】コンテナに追加

OPcache PHP 拡張の確認

PHP OPCODEのキャッシング
無効
PHP OPcode キャッシングはサイトのパフォーマンスを大幅に改善します。OPcache がサーバーにインストールされていることをお勧めします。

上記のエラーはDrupalのパフォーマンスを改善できる【OPcache PHP 拡張】が有効化されていないため起こっているので【laradock_php-fpm_1】コンテナで【OPcache】が有効化されているか【laradock_php-fpm_1】に接続し、以下のコマンドを実行して確認します。

【php -i | grep ‘opcache’】を実行します。【/usr/local/etc/php/conf.d/opcache.ini,】と表示されましたが詳細は表示されず【php -v】を実行しても【OPcache】の詳細が表示されず【opcache】は有効化されていませんでしたので、コンテナを出ます。

PHP_FPM_INSTALL_OPCACHEの設定を変更

laradockディレクトリ【.env】ファイルのPHP_FPM_INSTALL_OPCACHEの設定を、【false】から【true】変更します。

OPcache PHP 拡張を【laradock_php-fpm_1】コンテナに追加

PHP_FPM_INSTALL_OPCACHEの設定を反映させるため、以下のコマンドを実行し【laradock_php-fpm_1】コンテナを再生成起動します。

OPcache PHP 拡張の再確認

再度【laradock_php-fpm_1】に接続し確認すると【OPcache】の詳細が表示され【php -v】を実行しても【OPcache】の詳細が表示されましたので、【laradock_php-fpm_1】コンテナで【opcache】が有効化されました。

 

Drupalスタートページブラウザ確認

Drupalとdatabaseの接続

Drupalとdatabaseを接続するために、以下のlaradockディレクトリ【.env】ファイルのMYSQLの設定を確認し使用します。

項目値(初期値)
データベース名default
データベースのユーザー名default
データベースのパスワードsecret
データベースのホスト
 
mysql

Drupalスタートページブラウザ確認

サイト情報の入力が完了し、インストールが終了したらDrupalのスタートページが表示されます。http://localhostで再度ブラウザアクセスして、無事表示されるか確認します。

コメントを残す

Scroll to top