第4回『ユーザーから学ぶ<デザインシンキング応用>』

目的 デザインシンキングの応用編としてバリュープロポジションやラピッドプロトタイピングについて学び、ビジネスアイディアをブラッシュアップしていく方法やユーザテストを繰り返しながらサービスを改善していく手法を習得する。 エ...

...

Scroll to top